のまどイベントのお知らせ  


8月&9月のイベントが決定しました。

8/22(木)に新刊『12万円で世界を歩くリターンズ 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラ
デシュ編』(朝日文庫)の発売を記念して、旅行作家の下川裕治さんをお招きして、
30年振りに挑戦した12万円の旅についてスライドを眺めながらたっぷりと語って
いただきます。

また、9/5(木)に新刊『食べた! 見た! 死にかけた! 「運び屋女子」一人旅』(講談社)の
発売を記念して、プロバックパッカーでライターの片岡恭子さんをゲストにお迎えして、
これまでに一人旅で訪れた世界の国々についてスライドを眺めながらたっぷりと
語っていただきます。

なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、

参加ご希望の方はご予約はお早めにお願いします。


過去のイベント一覧はこちら


2019年 8月22日(木曜日)


●下川裕治
(しもかわゆうじ)

1954年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。新聞社勤務を経てフリーに。アジアを中心に海外を歩き、『12万円で世界を歩く』(朝日新聞社)でデビュー。以降、おもにアジア、沖縄をフィールドに、バックパッカースタイルでの旅を書き続けている。 『日本を降りる若者たち』(講談社現代新書)、『「生き場」を探す日本人』『シニアひとり旅バックパッカーのすすめ アジア編』(ともに平凡社新書)、『ディープすぎるシルクロード 中央アジアの旅』(中経の文庫)など著書多数。

◆下川裕治さんブログ
「たそがれ色のオデッセイ」
http://odyssey.namjai.cc/


◆旅行作家 下川裕治さん
 スライド&トークイベント◆


「30年振りに12万円で世界を歩いてみた
〜 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編






2019年8月22日(木)

19:30〜(19:00開場)





新刊『12万円で世界を歩くリターンズ 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編』
(朝日文庫)の発売を記念して、旅行作家の下川裕治さんをお招きして、30年振りに
挑戦した12万円の旅についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。
80年代に雑誌「週刊朝日」の連載で1回12万円の予算で、赤道直下、ヒマラヤ、カリブ海
といった12のルートにビンボー旅行に出かけ、1990年に『12万円で世界を歩く』で旅作家
として鮮烈デビューした下川さん。あれから30年。新刊では、赤道越え、ヒマラヤトレッキング、
バスでアメリカ一周など、『12万円で世界を歩く』で旅した同じルートの内、4つのルート
を再び下川さんが挑戦しています。LCCは全盛期を迎え、世界の物価は大幅に上昇し、
交通手段が消えてしまった場所もあるなど、この30年間で旅はどう変わったのかを下川
さん自身の30年間の旅人生を振り返りつつ、貴重なエピソードを交えながらお話していた
だきます。下川ファンの方はもちろん、バックパッカーの旅が大好きな方や個人旅行に
興味のある方はぜひご参加ください!










*トーク終了後、著作へのサインも行います。


*当日は、新刊『12万円で世界を歩くリターンズ 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラ
デシュ編
』をはじめ、下川さんの著作本やバックパッカーに関する
書籍を販売する予定です






お申込みはコチラから

(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)





【参加費】1000円

※当日、会場入口にてお支払い下さい



【会場】旅の本屋のまど店内  
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階

申込み・問い合わせ】
 お電話、ファックス、e-mail、店頭にてお申し込みください。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。


 主催:旅の本屋のまど

 協力:朝日新聞出版
2019年 9月5日(木曜日)


●片岡恭子
(かたおかきょうこ)

ハンドキャリー、プロバックパッカー。1968年京都府生まれ。同志社大学文学研究科修士課程修了。同大図書館司書として勤めた後、スペインのコンプルテンセ大学に留学。中南米を3年にわたって放浪。帰国後、NHKラジオ番組にカリスマバックパッカーとして出演。その後、偶然手にした職、ハンドキャリーが話題となり、テレビ、雑誌などさまざまなメディアに取り上げられる。旅にまつわる講演会も多数開催。訪問国は 51ヵ国。ハンドキャリー歴13年。著書に『棄国子女 転がる石という生き方』(春秋社)。

◆片岡恭子さん
ブログ「秘境散歩」
http://ameblo.jp/kiokitok/


◆プロバックパッカー 片岡恭子さん
 スライド&トークイベント◆


「運び屋女子と巡る
 世界一人旅」






2019年9月5日(木)

19:30〜(19:00開場)





新刊『食べた! 見た! 死にかけた! 「運び屋女子」一人旅』(講談社)の発売を記念して、
プロバックパッカーでライターの片岡恭子さんをゲストにお迎えして、これまでに一人旅
で訪れた世界の国々についてスライドを眺めながらたっぷりと語っていただきます。
前作『棄国子女 転がる石という生き方』では、雪山遭難、壮絶な食中毒、暴徒の襲撃、
軍隊に拘束など、日本では想像もつかない出来事が起こる南米の旅で、幾度も死に
損なった体験を通して悟った生への喜びを綴っていた片岡さん。新刊では、テレビ番組
『アウト×デラックス』出演の際に話題騒然となった「運び屋」として荷物を運んだアルゼ
ンチン、メキシコ、インド、フィリピン、スペインといった国々をはじめ、仕事以外で訪れた
グアテマラ、ボリビア、ペルー、ベネズエラなど、世界中を一人で旅した際に体験した
様々なエピソードが紹介されています。旅イベント「旅人の夜」主催者で、数ヶ国の
『地球の歩き方』に記事を執筆し、「旅の達人」として多方面で活躍している片岡さん
ならではの、興味深い旅のお話が聞けるはずです。片岡さんのファンの方はもちろん、
「旅人の夜」の常連の方やバックパッカーの旅に興味のある方はぜひご参加下さい!









*トーク終了後、著作へのサインも行います。


*当日は、新刊『食べた! 見た! 死にかけた! 「運び屋女子」一人旅』を
はじめ、片岡さんの著作本やバックパッカー関連書籍を販売する予定です






お申込みはコチラから

(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)





【参加費】1000円

※当日、会場入口にてお支払い下さい



【会場】旅の本屋のまど店内  
 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階

申込み・問い合わせ】
 お電話、e-mail、店頭にてお申し込みください。
 TEL&FAX:03-5310-2627
 e-mail :info@nomad-books.co.jp(お名前、お電話番号、参加人数を明記してください)
  ※定員になり次第締め切らせていただきます。


 主催:旅の本屋のまど

 協力:講談社